レイコハンズの手作りな日々


オーダーメイドのぬいぐるみ www.reikohands.com            製作日誌
by reikohands
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ルビー色のキャバリア

10月最終日に完成のお知らせができました『キャバリア』です。

赤茶色の毛色を『ルビー色』というのは知りませんでした。072.gif
f0042502_21174438.jpg



きょうは友人の友人が店に立寄ってくださいました。
彼女のムスメさんがフェルティングをされているとかで、URLを教えてもらいました。


海外の会ったこともない人と共通の関心があって、ウェブサイトを通して作品が瞬時に観れるって・・・ステキだー053.gif

☆森の妖精がキュートです
GoingGnome


冬が近づいて来ると気分はフェルティングや編み物に向かいます。
手を使うことは『本業』に使わないといけないので、誘惑をほどほどにやり過ごしているきょうこのごろです。



そういえばきょうはレディスデー。久々に映画館へ。。。






選んだのは「ツナグ」
『カーネーション』以来NHKの朝ドラを観るのが習慣になっている私、
『梅ちゃん先生』のノブ、松坂桃李くんがお気に入りですの、ほほほ。037.gif

ちょっと演出過剰を感じたところはありましたが、まあよくまとまった映画でしょう。
・・・しかし、主人公のツナグ君、こんなに素直に育った男子高校生いるのだろうか。。。
今や世間ではめずらしい存在でしょう!


記憶に残ったのはお祖母さんの作る家庭料理がとても美味しそうだったことと、
何度もおまじないのように挿入される詩。

ヘルマン・ホイヴェルス神父がドイツの友人から贈られた詩「最上のわざ」だそうです。
・・・この詩に出会うためにこの映画を選んだのかも♪

私がこれから向かう老年期の教えだと、こころの片隅に置いておきましょう。045.gif
しかし、こんな言葉を選べるのって・・・やっぱりステキだ!

 
 この世の最上のわざは何?

 楽しい心で年をとり、働きたいけれども休み、しゃべりたいけれども黙り、失望しそうなときに希望し、従順に、平静に、おのれの十字架をになう。

 若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見ても、ねたまず、人のために働くよりも、謙虚に人の世話になり、弱って、もはや人のために役だたずとも、親切で柔和であること。

 老いの重荷は神の賜物、古びた心に、これで最後のみがきをかける。

 まことのふるさとへ行くために。

 おのれをこの世につなぐ鎖を少しずつ外ずしていくのは、真にえらい仕事。
 
こうして何もできなくなれば、それを謙虚に承諾するのだ。
 
神は最後にいちばんよい仕事を残してくださる。

 それは祈りだ。

 手は何もできない。
 けれども最後まで合掌できる。

 愛するすべての人のうえに、神の恵みを求めるために。

 すべてをなし終えたら、臨終の床に神の声をきくだろう。

「来よ、わが友よ、われなんじを見捨てじ」と。


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 人形・ぬいぐるみへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ
にほんブログ村
[PR]
by reikohands | 2012-10-31 21:49 | チビワンコ | Comments(0)
<< 大きなシュナウザー作りました♪ 疲れたときは・・・ >>