レイコハンズの手作りな日々


オーダーメイドのぬいぐるみ www.reikohands.com            製作日誌
by reikohands
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

金色のヨークシャーテリア

愛犬を亡くされ、悲しみにくれておられたご様子。。。
想いを受けて出来る限り再現しよう。
責任重大ー!


ヨークシャーテリアは毛色が七変化すると言われているんだって。
1個体で何度も色が変わるとは!知らなかった~~012.gif

このコは全身、きれいな金色でした。

いただいたお写真の目の感じ、全体のシルエットに気をつけて。
きっとこんな感じで見つめていたんじゃないかしら・・・と。053.gif
さあ、ご家族の元へいってらっしゃーい!
f0042502_2047462.jpg

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 人形・ぬいぐるみへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

*******************************






久々にウォーキングへ出かけました。

京都北山の巨大杉群落地。
京都府の保全指定地区なのであまり知られていない、っていいうか知らせたくない場所らしい。

詳しいことは知らず、この時期の森林浴は気持ちいいじゃなーい、って感じでツアーに申し込んだ私です。



若い頃、たびたび訪れた京北町を通り、さらに奥へ。
でもこのあたりは「京都市内」なんですよねー!

『片波川源流一帯は古くから御杣御料地【みそまごりょうち】として平安京の造営等に木材を供給し、
残されてきた樹齢800年とも推定される伏条台杉【ふくじょうだいすぎ】が群生する森として大切に守り残されてきました。』  という場所を歩きます。

この森の杉は、屋久島の1本の幹がどどーんとそびえる縄文杉と違い、台杉からいくつもの幹が立ち上がる独特の様相をしていました。
f0042502_21222598.jpg

鎌倉、南北朝時代多くの材木が必要とされ、1本の木から複数の材が取れるようこの台杉仕立が盛んに行われました。
その後、時代が進み、挿し木技術が出来、1本植えが主流になった為それまでの台杉仕立ての杉が伐採されずに今日まで残ったということらしいです。


人間の都合でいろいろ手を加えられてもけなげに命をつないでいる杉の逞しさに学ぶべきこと多しですな☆


いやいや、近くでも知らない場所まだまだいっぱい。
お天気にも恵まれ、色づき始めた山を眺めることができて、エネルギーチャージです!

人に荒らされていない原生林、いろんな動物が住んでいます。
この幹についた傷、クマの引っ掻いた跡ですと!  いやー、出会わなくてよかったッス!042.gif
f0042502_21253883.jpg

[PR]
by reikohands | 2012-11-08 21:45 | チビワンコ | Comments(0)
<< 嵐山へ☆ 大きなシュナウザー作りました♪ >>